連帯ユニオン 公式WEBサイト



フォーラム平和が「関西宇部事件」の署名要請を全国に発信(10.3.26)



連帯労組がいま闘っている「関西宇部事件」の署名運動について、3月24日付で「フォーラム平和・人権・環境」が、全国の労働組合・運動団体に署名への協力要請を発してくれた。

これをうけて、全組合員は自らの支部だけではなく、各県各地方への要請にもおもむき、必ず無罪判決を勝ち取るべく活動を強化していこう。
      
                                 


2010年3月24日
平和フォーラム発第112号
各中央団体・都道府県運動組織 御中

フォーラム平和・人権・環境
事務局長 藤本泰成

 

「関西宇部事件」無罪判決を求める署名活動について(ご紹介)

 

 皆さまの日ごろからのとりくみに、心より敬意を表します。

 さて現在、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(以下「関生支部」)の組合員3名が威力業務妨害容疑で逮捕された「関西宇部事件」について、大阪高裁に対する要請署名活動がおこなわれています。

 この事件は、大阪生コン業界大手の関西宇部株式会社が、春闘協定の履行を求める関生支部の団体交渉申し入れを拒否しただけではなく、組合の抗議活動を威力業務妨害として告訴、大阪府警が逮捕したものです。

 一審の大阪地裁では、関西宇部の団交応諾義務を認め、団交拒否の対応は不誠実と批判したものの、組合活動はいきすぎだとして懲役6月から1年、執行猶予1年という有罪判決となりました。

憲法および労働組合法に保障された労働者の権利(団体交渉権)に基づく団体交渉要求に応じ、また誠意をもって話し合うことは、使用者側の義務です(団交応諾義務・誠実団交の義務)。これらの義務を怠った企業の開き直りが許されて、権利に基づいた労働組合の活動が弾圧されるなどということは、まったく道理にかないません。

 今回の署名は大阪高裁に対し、公平な見地に立ち、無罪とすることを求めるものです。平和フォーラムは全日建の協力要請にもとづき、下記の通りご紹介いたします。積極的なとりくみをお願いいたします。

 

 

1.署名の種類  @個人署名、A団体署名の2種類(添付の署名用紙をお使いください)

2.実施期間   3月末 第1次集約
           4月末 第2次集約
            5月末 最終集約

3.集約先    全日本建設運輸連帯労働組合(担当 書記・神成=かんなり)                                  〒101-0032 東京都千代田区岩本町3−6−5木所ビル                                           電話03-5820-0868 FAX03-5820-0870       

  


署名用紙は団体・個人ともここからダウンロードできる。


| HOME |



再雇用で賃下げは許せない 3/23 フコックスで分会結成(10.3.24 )




 3月23日、住友大阪セメントの専属元請輸送業者・フコックスで新たな分会が発足した。
 フコックス(東京都江東区)は、栃木、戸田、芝浦、横浜の各SSに拠点を置くバラ輸送の大手。

 ここで連帯ユニオンの分会を結成したのは分会長の前田悟分会長たち。フコックスでは、定年後再雇用になると基本給が4割もダウンして日額5,000円に切り下げられるうえに、作業服や安全靴が自己負担になる。定年前とはしごと内容もなにひとつ変わらないのに、早く辞めろといわんばかりの扱いだ。

 定年前の労働条件にも問題がたくさんある。賃金体系は日給月給だから、5月、8月、年末年始のような連休になると収入が大幅ダウンする。歩合給があるので1カ月に110時間もの残業をこなして、ようやく年収が600万円を超す。さらに、事故をおこすと全額自己負担だという。

 23日朝には連帯ユニオンの役員と前田分会長が本社を訪れて団交を申し入れ。第1回は本日24日に行われることになった。

| HOME |


Copyright (C) 2007 Rentai Union All rights reserved.